新型の薄型ノートはWifiで、有線から無線接続に

15インチ以上のノートパソコンは家庭内で使う事を想定しています。

画面サイズが大きいのが利点です。持ち運びが出来るパソコンとして主に室内での利用を想定しているため、重量はタブレット等よりも重たいです。その代わり、優れたCPUとメモリを実装しており、UBSケーブルのスロットや有線LANの端子が実装されています。実質的にデスクトップPCとして使えるのが15インチ以上の特徴であり、有線LANでネット接続出来るため、Wifiは不要です。

しかし近年家電量販店やネット通販店で主に販売されている13インチ以下のノートパソコンは軽量化が進んでおり、USBケーブルやLANの端子が最初からありません。今後古い15インチ型から最新の軽量で薄型のノートに買い替える事を予定している方は要注意です。自宅に有線しか接続方法がないと、買い替えた後、ネット接続の面で困ります。Wifiなら端子が無い最新型のノートでも常時オンライン化が可能です。

無線形式で通信をするため、ルータと機器は離れていても平気であり、パソコン以外にタブレットやゲーム機や家電などもWifiに対応していれば、ワイヤレスでネット接続が出来ます。今後デジタル機器は全体的に無線化が進んでいきますので、有線からWifiに乗り換えるなら早めが良いでしょう。無線で通信をするためケーブルを通す工事は不要であり、専用のモデムとルーターを設置する作業がある程度、とても簡単に乗り換えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *