Wifiの接続環境について

スマートフォンやパソコンでインターネットをみる場合によく耳にするWifiですが実際にどのようなものか説明ができますか。

Wifiとは、無線LANの機器同士の接続を保証するロゴに使われる名前の事でした。しかし、いつしか本来の無線LANという用語よりも一般的になってしまいWifiという用語の方が普及してしまったようです。Wifiで親機と子機の間を無線で繋いで、そしてルーターは光回線などの外部のネットワークとの接続作業をしてくれます。この機能を合体させてWifiルーターと呼びます。

このルーターがある事で無線で近くにある機器と接続する事が可能になるのです。公共Wi-Fiに繋いでいる時に、何故か速度が遅い時があるかもしれません。そのようなときは、接続している人の数が多い事で速度が低下している可能性があります。このようなときは、端末のWi-Fiネットワーク名の表示を確認してみましょう。ネットワーク名の末尾が2種類あった場合は、ラッキーです。

-aが5GHzの周波数で、-gが2.4Ghzの周波数を使っている事をあらわします。実は、この末尾の-aがついている5GHzの周波数のものを選択すると通信が早くなります。これは知っていて損はありません。もし、-aが末尾についているのを発見したら是非一度試してみてください。様々なところで利用されています。自宅であったり、公共の場であったりします。同じようで実はこの2つは違います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *